趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リッチー・ブラックモア
(Ritchie Blackmore  1945年-)

blackmoremein2.jpg


キャリア、実力、人気の3拍子を兼ね備えたロック・ギター界の大御所、リッチー・ブラックモアは、1945年4月14日イギリスのウェストン・スーパー・メアで生まれる。
彼が最初に手にしたギターは、11歳の誕生日にプレゼントされたスパニッシュ・ギターである。

このギターを手に入れたリッチーは、さっそく近所に住んでいたロックンロール・ギタリスト、ビッグ・ジム・サリバンの元に通い数々のテクニックをマスターしていった。

数年後には友人を集めてバンドを結成するがそれだけでは満足出来ず、18歳になるとロックンロールの盛んであったハンブルグに渡る。以後22歳までロンドンとハンブルグを行き来していたが、ここで彼の運命を変える人物と出会う。


言うまでもなくジョン・ロードだ。ジョンに誘われ「ラウンドアバウト」というバンドに加入した訳だが、これがあの「ディープ・パープル」の前身である。69年、パープルは『紫の世界』でデビュー。

このアルバムからシングル・カットされた「ハッシュ」は全米ヒット・チャートの4位をランクする大ヒットとなり、彼らは翻刻よりもアメリカで一躍大成功を収めた。この後『詩人タリエシンの世界』『ディープ・パープルⅢ』『ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』と立て続けにリリースしたが、ここまではジョン・ロード色の濃いサウンド・・・・・、つまりロックとクラシックの融合を目指したサウンドを繰り広げているため、リッチーがバンド内に及ぼす影響はまだまだ全開ではない。彼の音楽性が本格的に取り入れられたのは70年に発売した名盤『イン・ロック』からである。

このアルバムからヴォーカルにイアン・ギラン、ベースにロジャー・ゴローヴァーが加入し、ディープ・パープルはいわゆる第2期黄金時代を迎えたのである。また、リッチーは、ここでそれまで使っていたES335からストラトキャスターにギターをチェンジしている事も忘れてはいけない。

この『イン・ロック』で新たなシタイルを成功させたパープルは『ファイアー・ボール』『マシン・ヘッド』『ライヴィ・イン・ジャパン』『紫の肖像』を次々とヒットさせる。
『紫の炎』からは、ヴォーカルにデヴィッド・カヴァーデイル、ベースにグレン・ヒューズを迎え第3期が始まるが、次作『嵐の使者』をリリースした所でリッチーは音楽的対立という理由で脱退。
このニュースは全世界のロック・ファンにショックを与えたが、脱退後すぐに彼は「エルフ」のアルバム『トライング・トゥ・バーン・ザ・サン』に参加。


そしてエルフのメンバーをそのまま集め「リッチー・ブラックモアズ・レインボー」を結成した。
(後にレインボーと名称を変えている)レインボーはデビュー盤『銀嶺の覇者』を皮切りに『虹を翔る覇者』『レインボー・オン・ステージ』『バビロンの城門』『ダウン・トゥ・アース』を続々にリリースし、本家であるパープルのお株を完全に奪ってしまった。

正に゛リッチーあってのパープル゛だった事を証明した。
そしてアメリカン・マーケットを意識した『アイ・サレンダー』が発表される。このアルバムはそれまでのヘヴィなサウンドから一変したタイトルなポピュラリティを持つロック・サウンドを繰り広げている。
今でこそこの変貌は成功と言えるが、当時はそれまでのサウンドを惜しむファンも多く賛否両論の作品であった。その後『闇からの一撃』『ストリート・オブ・ドリームス』をリリースした後、彼はレインボーの活動を中止した。理由はディープ・パープル再結成である。

あの第2期黄金メンバーを集めまたもや新しい熱きアクトを開始したリッチーのパワーは衰えることを知らない。

  マシン・ヘッド
deeppurple1.jpg

スポンサーサイト



朝3時まで麻雀。起きるの8:45
この暑さ(^□^;)いつまで続くんだ?
私は寒いほうが好きです。だって寒けりゃ着ればいいんだもん、暑ければ脱げばいいっていうけど限りがあるよね
【2006/08/15 21:11】 URL | 花畑です。暑くて溶けかかってます #-[ 編集]
麻雀で夜更かししたんですね。
自分はメンツ探しで疲れましたがww
結局、メンツ揃わず・・・。ww

そうですねぇ~、確かに暑いより寒いほうがいいのですが、自分はどちらかというと夏派なんですよ!寒いと何をするのもおっくうになってしまってww
夏だと行動派に変身((o(*゜▽゜*)/)) ヘンシ-ン (/▽\*)三\(▼皿▼)/トォー!!できますからwww

でも、やはり、秋、春が一番過ごしやすいですね。
【2006/08/15 21:42】 URL | afroboom #SxX9jEmk[ 編集]
なんだなんだ!近ければ参上仕ったぞ!それもマイ麻雀パイを持って・・。
あっそうかマイ麻雀パイは、旦那と母が持っていて、私は寿司雀だ!
麻雀の寿司バージョン!ドンジャラにも似ていますよ。軍艦セットとかおこのみセットだと点数かなりちがうんですよ
【2006/08/17 01:30】 URL | 花畑Q太郎です #-[ 編集]
ドンジャラ懐かしいなぁ~♪
よくガキの頃やってましたww

でも久々にやりたくなってきますねww
【2006/08/17 21:01】 URL | afroboom #SxX9jEmk[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。