趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エミリオ・ブトラゲーニョ
(Emilio Butragueno Santos 1963-)

butragueno.jpg



フルネームエミリオ・ブトラゲーニョ・サントス
Emilio Butragueno Santos
ニックネームエル・ブイトレ(禿鷲)
国籍 
生年月日19年月日
出身地マドリード
ポジションFW(CF,ST)
身長170cm
体重68kg
代表デビュー1984年10月17日(通算69試合,26得点)
所属クラブ1975-82: レアル・マドリード
1982-84: CFカステーリャ
1984-95: レアル・マドリード
1995-98: セラヤ(メキシコ)
主なタイトル1984-85: UEFAカップ
1985-86: UEFAカップ
個人タイトル


1963年7月22日生まれ。
1980年代に、名門レアル・マドリードとスペイン代表を支えたストライカー。俊敏で抜け目がなく、ゴールを狙う鋭い視線と動きから『エル・ブイトレ(禿鷲)』の異名で知られた。

同年代のDFサンチース、MFミッチェル、マルティン・バスケスらとレアルの一時代を築き、85-86シーズンから89-90シーズンまでのスペイン・リーグ5連覇と、85年、86年のUEFAカップ連覇に大きな役割を果たした。
素早いドリブル、スペースへの動きでチャンスメークにも優れていた為、レアルでは2トップを組んだ」メキシコ人のウーゴ・サンチェスに得点王の座を譲ってきたが、サンチェスの力が衰えた90-91シーズンには、初めて得点王も獲得した。

84年からスペイン代表入りし、86年メキシコ・ワールドカップでは、決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦で、1人で4ゴールをあげるなど活躍。ベスト8進出の立役者となり、5得点で得点王争いも2位につけ。
また、この年の年末には、欧州年間最優秀選手の投票でもソ連のベラノフに次ぎ、2位の得票を集めた。90年イタリア大会にはキャプテンとして出場したが、今度はベスト16での敗退となった。代表では69試合に出場し、26ゴールの記録を残した。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。