趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カブラヤオー
Kaburaya O

kaburayao1.jpg


馬名カブラヤオー
Kaburaya O
勝負服kaburaya-o-uni.gif
ファラモンド
カブラヤ
生誕1972年6月13日
死没2003年8月9日
性別
毛色黒鹿毛
生産北海道新冠町
十勝育成牧場
生国japan-fs.gif
馬主加藤よし子
調教師森末之助(東京)
生涯成績13戦11勝  [11-1-0-1]
獲得賞金179,587,300円
主な勝ち鞍皐月賞、日本ダービー、弥生賞、NHK杯など他多数
主な受賞1975年:年度代表馬
1975年:最優秀4歳牡馬



ファラモンド
黒鹿毛 (1957)
SicamblePrince Bio
Sif
RainFair Trial
Monsoon
カブラヤ
黒鹿毛 (1965)
ダラノーアSunny Boy
Danira
ミスナンバイチバンハロウェー
スタイルパッチ


現在、「史上最高の逃げ馬は?」と聞かれたらサイレンススズカ
と答える人が多いらしい。
「史上最強の逃げ馬は?」といわれたら真っ先に思い浮かぶ名前が「カブラヤオー」が出てくるくらい素晴らしい名馬だったに違いない。

昔の話(昭和50年)になるけどスズカと同じ逃げ馬がいた。それが「カブラヤオー」。
クラシックの2冠、皐月賞、日本ダービーを逃げ切り優勝した。
ただ単に逃げ切っただけではない。
皐月賞の前半の1000メートルの通過タイムは58秒9。
日本ダービーで更にペースアップし58秒6という短距離レース並みのラップを刻んだ上にそのまま逃げ切ってしまったことから逃げ馬と限定しなくても最強馬として名前が挙がるらしい。

血統配合も超一流ではなく3歳の時にオーナーが300万円で売りに出ても、買い手がいなかったというエピソードがあるくらい最初は期待されてなかった。

その期待されていなかったカブラヤオーだけど蓋を開けてみれば・・・デビュー戦は2着に甘んじたが、その後は連戦連勝で、それも後続馬を全く寄せ付けない逃げ切り。

クラシックの皐月賞、ダービーを勝利して三冠も期待されたが、残念な事に屈腱炎になり菊は幻に終わった・・・。

菅原泰夫騎手が馬が引退してからこう告白している。
「臆病な馬だからレースでは逃げるしかなかった。」
と・・・。逃げ馬の致命傷は惨敗するか逃げ残るかのどちらかなだけに騎手にとっては物凄くプレッシャーだったのではないだろうか。
その後は、同じ脚質で同じ、2冠を奪取したミホノブルボンがいる。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。