趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カツラギエース
Katsuragi Ace

katsuragi-ace.jpg


馬名カツラギエース
Katsuragi Ace
勝負服umakatsuragi.gif
ボイズィーボーイ
タニノベンチャ
生誕1980年4月24日
死没2000年7月3日
性別
毛色鹿毛
生産片山専太郎牧場
生国japan-fs.gif
馬主野出一三・野出長一
調教師土門一美(栗東)
生涯成績22戦10勝  [10-4-1-7]
獲得賞金4億1068万3400円
主な勝ち鞍ジャパンC、宝塚記念、NHK杯、京都新聞杯、大阪杯など他多数
主な受賞1984年:最優秀5歳以上牡馬 



ボイズィーボーイ
鹿毛 (1965)
King's TroopPrincely Gift
Equiria
Rising HopeThe Phoenix
Admirable
タニノベンチャ
黒鹿毛 (1971)
ヴェンチアRelic
Rose O'Lynn
アベイブリッジEntente Cordiale
British Railways


カツラギエース!そうあのJCを逃げ切って勝利したカツラギエースだ! あのジャパンカップを日本の馬が初めて制したレースだ!

日本の馬は三冠馬二頭がいた4番人気シンボリルドルフ、1番人気、ミスターシービーだ。
勿論、このレースの見所は三冠馬の2頭の初対決がファンの最大の関心事であって2頭のどちらかが日本馬として初めてジャパンカップに勝つだろうと信じて疑わなかった。
ところが、日本の馬は確かに優勝を果たしたが・・・ミスターシービでもなくシンボリルドルフでもなく勝ったのはなんと・・・10番人気のカツラギエースだった。場内はどよめいた・・・。
まさか・・・逃げ切ってカツラギエースが優勝するなど・・・誰も予想だにしなかったのだろう。

2頭の3冠馬の前評判を聞いていた外国馬の騎手はただ1頭で飛ばす日本馬をペースメーカーのように見ていた。
西浦騎手は手綱名を緩めて馬の行く気に任せた。このレースで初めてメンコを着けたカツラギエースも気分良く逃げて、最後は2番人気イギリスの馬、「ベッドタイム」を1馬身半抑えてのゴール。
西浦騎手の騎乗が見事なまでに的中したのであった。

前回の宝塚記念の勝利も、毎日王冠で、シービーを抑えて勝利したのもだてではなかった事を証明して見せた。
やはりエースは5歳になって大きな成長を成し遂げた。
JC後の有馬記念(結果は2着)を最後に引退する。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。