趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オグリキャップ
Oguri Cap




馬名オグリキャップ
Oguri Cap
勝負服umaoguri.gif
ダンシングキャップ
ホワイトナルビー
生誕1985年3月27日
死没
性別
毛色芦毛
生産稲葉不奈男
生国japan-fs.gif
馬主小栗孝一/佐橋五十雄/近藤俊典
調教師鷲見昌男(笠松)/瀬戸口勉(栗東)
生涯成績32戦22勝  [22-6-1-3]
獲得賞金9億1251万2000円
主な勝ち鞍有馬記念2回、マイルCS、安田記念、毎日王冠、高松宮杯など他多数
主な受賞1988年選:顕彰馬
1988年:最優秀4歳馬
1989年:特別賞
1990年:年度代表馬
1990年:最優秀5歳以上牡馬 

ダンシングキャップ
芦毛 (1968)
Native DancerPolynesian
Geisha
Merry MadcapGray Sovereign
Croft Lady
ホワイトナルビー
芦毛 (1974)
シルバーシャークBuisson Ardent
Palsaka
ネヴァーナルビーネヴァービート
シュリリー


オグリキャップ!
それは今も私には忘れられない名馬でした。
ハイセイコー以来の地方からのアイドルスーパーホース。
私が初めてオグリを見たのは88年のNZT4歳Sだった。
地方から凄い馬が中央に来た情報は知っていた、中央入りしてから重賞レースを3連勝なんて凄い!

私はNZT4歳Sをこの目で見ようと府中まで足を運んだ。
初めて見たときは体が銀色に輝いていた。
レースはオグリだけが群を抜いていて他馬を子供扱いで圧勝!
凄かった脳裏に今も残っている。
その後も連勝を飾るが、天皇賞で後にオグリのライバル、タマモクロスとの初対決。結果はタマモの2着で終わったが、年末の有馬記念でタマモに先着して、その年最後の勝利を飾った。


翌年から私がかつて好きだった、南井騎手が手綱をとった、その南井騎手との名ドラマはバンブメモリーとの死闘を繰り広げたマイルCSだ。
直線では誰もがバンブーが勝利すると思ったその瞬間オグリが突き抜けてくる、ゴール前のデットヒート、バンブーかオグリか!結果はオグリがハナ差で勝利した!南井騎手が涙を流した。
その時の感動は今も焼きついている。

その後はスランプや体調などの不安でオグリらしさがなかったが、オグリの引退のレース、有馬記念でも有終の美を飾った。
まさにオグリは昭和を代表する名馬になった。
スポンサーサイト



中央競馬ではじめてかったぬいぐるみ
がオグリキャップだったなあ。
毎週土曜はたいてい、競馬場にいってました。前日の夜中、お勉強(予想)して、カードに記入して、朝から急いで競馬場へむかっていたのですが
あるとき寝坊して1レースのがしてしまいました。そしたら、50000あたっていたのです。「時は金なり」、「早起きは3文の得」とはこういうことなんですね
【2006/07/21 08:02】 URL | Q太郎です #-[ 編集]
ども^^

自分も初めて買ったぬいぐるみがオグリキャップでした。2サイズ買いましたww 大きいサイズと小さいサイズです。

しかし、その寝坊してのがしてしまったレースは悔やみきれないものがありましたね。自分も似たような経験あります。忘れもしません、タケノベルベットが勝利したエリザベス女王杯です。
前日にマークシートに8-12を記入し
翌日、そのマークシートを窓口に出そうとした瞬間、紛失してしまいあわてて
その場で記入して馬券を購入した。しかし、12-17と8-12の2点が抜けていたんだけど、まぁ~いいかと思いそのまま購入した。が、しかし・・・。結果はその馬連8-12が1、2着でした。その瞬間、何度も馬券を全部確認しながら、体が硬直状態になったのを今も思いだされます。その配当金が8-12で70470円でした。
当然その日からブルーな日でした。ww
でも今となってはとても懐かしい思い出です、これからも一生忘れることもないでしょう。
どちらにせよ!早起きは3文の得、ほんとそうですね!!
【2006/07/22 23:30】 URL | afroboom #SxX9jEmk[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。