趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリフジ
kurifuji

kurifuji.jpg


馬名クリフジ
Kurifuji
勝負服umakurifuji.gif
トウルヌソル
賢藤
生誕1940年3月15日
死没1964年9月10日
性別
毛色栗毛
生産下総御料牧場
生国japan-fs.gif
馬主栗林友二
調教師尾形藤吉(東京)
生涯成績11戦11勝  [11-0-0-0]
獲得賞金7万3200円
主な勝ち鞍東京優駿、阪神優駿牝馬、京都農商省賞典4歳呼馬、横浜記念
主な受賞1984年選 顕彰馬


トウルソヌル
鹿毛 (1922)
GainsboroughBayardo
Rosedrop
SolistePrince William
Sees
賢藤
栗毛 (1926)
チャペルブラムプトンBeppo
Mesquite
種光ラシカッター
第二アストニシメント


昭和17年にセリで1頭の牝馬を一目で気に入り購入した栗林友二(故)その当時は評価が低く値も安かった。

その牝馬は「クリフジ」と名づけられ、東京の尾形藤吉調教師に預けられた。
4歳の5月に新馬戦デビューした。
当初は保田隆芳騎手が兵役でいないので見習いの前田長吉が騎乗することになった。結果は出遅れながらも2着馬に1馬身差で快勝した。

この1馬身が彼女にとって最小馬身で以後は3馬身、6馬身、大差とそのほとんどが圧勝だった。

日本ダービーは5月デビューでありながらもギリギリ間に合い
ここも6馬身差でレコード勝ちを収めた。

このダービーでの強さは語り草になっている。当時はバリアースタートだったが、それが上がった瞬間にクリフジは前脚を上げ、くるりと1回転してから走り出すという大出遅れ。
後方を進んで4コーナーからひとまくりし、直線で24頭を抜き去り坂を上がらない前に先頭にたっていた。
この時、前田騎手が、ゴールまでの200メートルで何度も後ろを向いたので、栗林氏がレース後尋ねてみると「後ろから何も音がしないので心配になったから」と言ったそうな。

クリフジはオークス(当時は阪神で開催)でも2着馬に10馬身も離してレコードで勝利した。

その後の菊花賞も大差勝ちした。
彼女は変則3冠馬となった。しかし・・・牝馬ながら凄い快挙である。しかも・・・生涯1度も負けることなく11戦11勝という不敗神話を作り引退した。

繁殖牝馬になっても産駒、イチジョウ(桜花賞、オークス)などのクラシックホースをこの世に送った。

その後、晩年は小さな牧場で静かな余生を送った。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。