趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mrcb.jpg


日本中央競馬会調教師である吉永正人調教師が胃癌のため11日午後0時51分死去しました。64歳でした。

鹿児島県鹿屋市生まれ。1961年に松山吉三郎厩舎(松山康久調教師の父)から騎手としてデビュー。
初勝利は11月25日にエビスクラウンで勝利。
逃げ、追い込みなどの極端な戦法を得意とした個性派ジョッキーとして自分のスタイルを確立した。
1982年にモンテプリンスで天皇賞(春)を制してようやくビッグタイトルを獲得すると、翌1983年には追い込み馬ミスターシービーとのコンビでクラシック三冠を達成。
1986年に騎手を引退するまでに2753戦461勝(重賞37勝)成績。

引退後は調教師になった。吉永護騎手の父でもある。

本当にとても残念で悲しいニュースで衝撃的でした。
自分にとって吉永騎手とは、私の大好きなミスターシービーの主戦ジョッキーだった。
彼の騎乗を見た時は凄い大胆でマジシャンのような騎乗ぶりに自分は圧倒された。
本当に今まで私達に感動を与えてくれて頂きありがとうございました。
ミスターシービーと吉永調教師のことは一生私の記憶から忘れることはないでしょう。ご冥福をお祈りします。

主な騎乗馬
シービークイン (毎日王冠、京王杯スプリングハンデ)
シービークロス (金杯(東)、目黒記念、毎日王冠)
モンテプリンス (天皇賞(春)、宝塚記念)
ミスターシービー (牡馬三冠、天皇賞(秋))
モンテファスト (天皇賞(春))
など・・・。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。