趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フレデリック・ショパン
(Frederic Chopin 1810-1838)

chopin.jpg


フレデリック・フランソワ・ショパンは、39年の短い生涯をほとんどピアノ音楽だけに捧げた特異な作曲家だった。

四歳頃からピアノに親しんだフレデリックは、8歳で協奏曲を弾きこなすほどの天才ぶりを発揮し、ワルシャワの貴族たちからはモーツァルトの再来ともてはやされた。
しかし、モーツァルトはもとよりベートーヴェンでさえも、音楽家としての出発は作曲家ではなくピアニストであったのに、彼等の作品は音楽のほとんどすべての分野にわたっている。

ショパンがピアノの詩人といわれ、作品がピアノの心と称されるように、彼の音楽はもともとピアノ的なのであって、ピアノという楽器以外で彼の音楽を表現することは不可能に近い。

ショパンの作品があれほど美しいメロディーをもっていながら、ヴァイオリンや管弦楽器に移されると、幾つかの例外はあるにしても、大部分が面白味を失ってみれば、いかに彼の音楽がピアノと切り離せないものかが分かる。
ピアノ的であるということ意外に、ショパンの音楽の色合いを特徴づけているものが2つある。1つは彼の生まれ故郷ポーランドの民族色で、他はパリの貴族会社の洗練された華麗さである。幼年期と少年期をワルシャワで、後半生をパリで過ごした彼の音楽には、この2つの特徴が混然と一体になっている。
ショパンは、フランス人の父とポーランド貴族の血をひく母との混血であった。これらの事情が、繊細で華美な一面、ほの暗い情熱とメランコリックな情緒を漂わせる、ユニークな音楽を作り出した。

彼は生涯に3つの恋をした。彼のあまりに潔癖で高貴な魂が、世俗的な結婚にこたえられなかったのか、まったく実を結ぶことはなかったが、幾つかの素晴らしい曲を生むきっかけとなった。
当時ワルシャワ音楽院声楽科の生徒だったコンスタンチン・グラドコフスカとの初恋は、「ワルツ変ニ長調作品70の3」や「第二ピアノ協奏曲」の第二楽章に少なからぬ影響を与えたし、彼の旧友ヴォジンスキー家のマリア・ヴォンジスカとの第二の恋は、「別れのワルツ」の別名で知られている「変イ長調作品69の1」を生んだ。
ショパン25歳の夏のことである。最後の恋、有名な女流作家ジョルジュ・サンドとの同棲は、生来ひ弱な彼を疲労させた。

サンドの愛犬がじゃれ回るのを見て思いついたと言われている「子犬のワルツ」をはじめ「華麗なるワルツ」、「幻想即興曲」、「葬送行進曲付ソナタ」
など充実した多くの作品を書きながら、1846年、9年間に及んだサンドとの生活に終止符をうった彼は、再び彼女のもとにもどらなかった。
3年後の1849年10月17日、疲れて胸を病んだショパンは、パリで39歳の生涯を閉じた。マドレーヌ寺院で行われた葬儀には、モーツァルトのレクイエムが用いられたという話だ。

さっき紹介した曲以外にもまだまだたくさんの作品を残している。彼の作品にはニックネームのついたごく有名なものばかりを拾いあげても、大変な数だ。しかし大別して、サロン的な貴族趣味を反映した「夜想曲」「前奏曲」「練習曲」や「ワルツ」などと「スケルツォ」「マズルカ」「ポロネーズ」のように、ポーランドの土の香りが濃いものと分けられる。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。