趣味の事(サッカー、競馬、音楽、映画 etc...)や その日の出来事や、気になったことを書いています。気まぐれなんですけどね^^

Selected category
All entries of this category were displayed below.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【追悼】
フェレンツ・プスカシュ
(Ferenc Puskas Biro 1927-2006)

pusukasyu.jpg


フルネームフェレンツ・プスカシュ
Ferenc Puskas Biro
ニックネーム走る少佐、パンチョ
国籍hungary-fs.gif
spain-fs.gif
生年月日1927年4月2日~2006年11月17日
出身地キシュペスト
ポジションFW(CF,ST)
身長172cm
体重75kg
代表デビュー1945/8/20(通算88試合,83得点)
所属クラブ1939-49:キシュペストAC
1949-56:ホンベド・ブダペスト
1958-67:レアル・マドリード(スペイン)
主なタイトル1958-59:UEFAチャンピオンズカップ優勝
1959-60:UEFAチャンピオンズカップ優勝
1965-66:UEFAチャンピオンズカップ優勝


1927年4月2日生まれ。 1950年代に世界最強を誇った『マジック・マジャール』こと、ハンガリー代表のエースであり、キャプテン。60年代には伝説のレアル・マドリードの中心となった、サッカー史上に残る名プレーヤーの1人。左足の技巧と強烈なシュートを武器に、43-44シーズン、16歳の時にキシュペストのレギュラーとなった。47-48シーズンには32試合で50得点をマーク。翌シーズンからは、新しく創設された陸軍のクラブ、ホンベドに吸収され、集められた強力なメンバーとともに、7シーズンに5回の優勝を果たした。代表チームのメンバーとしては、45年8月のオーヅトリア戦で18歳にしてデビュー。52年にはキャプテンとして臨んだヘルシンキ・オリンピックで金メダルを獲得した。翌53年には有名なウェンブリーでのイングランド戦勝利を演出。サッカーの母国を初めてこの『聖地』で6-3と破った試合で2得点をあげるなど、その名を高めた。ホームでのリターン・マッチでも7-1とイングランドを粉砕し、4年間無敗で54年スイス・ワールドカップに絶対的本命として臨んだ。しかし、グループ・リーグでの西ドイツに2-3と敗れと敗れ、優勝を逃すとともに、無敗記録も途絶えた。もし、プスカシュが万全の体調だったら結果は違っていた、という説はハンガリー人だけでなく、多くの賛同を得ている。56年、スペイン遠征中にハンガリー動乱が勃発。他の数人とともに亡命を決意して、紆余曲折の末に58年からスペインのレアル・マドリードデプレーを再開する。59-60シーズンには、欧州チャンピオンズ・カップの5連覇を目指したチームで、センターフォワードのディステファノとの素晴らしいコンビを披露。決勝戦では、ディステファノが3点、プスカシュが4点をあげて7-3でアイントラハト・フランクフルトに圧勝し、歴史に残る名試合の主役となった。スペイン・リーグでも4度得点王となり、61-62シーズンには再びチャンピオンズ・カップ決勝に進出。プスカシュはハットトリックを達成したが、この時はベンフィカに3-5で敗れた。62年チリ・ワールドカップには、その当時許されていたため、35歳でスペイン代表としてもプレー。しかし、ブラジル、チェコスロバキアというこの大会の決勝を争うことになる両チームと同じ組に入り、敗退した。66年には引退して監督業につき、71年にはギリシャのパナシナイコスを率いて、チャンピオンズ・カップ決勝に進んだ。プシュカシュ選手は2006年11月17日肺炎で死去した。


スポンサーサイト
マルコ・ファンバステン
(Marcel Van Basten 1964-)

vanbasten13.jpg

フルネームマルコ・ファンバステン
Marcel Van Basten
ニックネームサン・マルコ
国籍holland-fs.gif
生年月日1964年10月31日
出身地ユトレヒト
ポジションFW(CF)
身長188cm
体重80kg
代表デビュー1983年9月7日(通算58試合,24得点)
所属クラブ1970-80: UVVユトレヒト
1980-81 :エリンベイク・ユトレヒト
1981-87 :アヤックス
1987-95: ミラン(イタリア)
主なタイトル1988年: 欧州選手権優勝
1988-89: UEFAチャンピオンズカップ優勝
1989年: インターコンチネンタルカップ優勝
1989-90: UEFAチャンピオンズカップ優勝
1990年: インターコンチネンタルカップ優勝
個人タイトル1988年: 欧州年間最優秀選手
1988年: 世界年間最優秀選手
1989年: 欧州年間最優秀選手
1992年: 欧州年間最優秀選手
1992年: 世界年間最優秀選手
1992年: 世界年間最優秀選手


1964年10月31日生まれ。
テクニックに優れ、冷静で的確な状況判断とイマジネーションに富み、体格に恵まれ、スピード、パワー、も備える。ストライカーとしての条件をすべて揃え、ストライカーとしての条件をすべて揃え、アヤックス、ACミランで数多くのタイトルを獲得した。

生まれはユトレヒトだが、アムステルダムのアヤックス・スクールで育ち、17歳でトップへのデビューを果たした。
3シーズン目となる1983-84シーズンには、26試合で28得点をあげて得点王となり、さらに85-86シーズンには欧州でも最多の37ゴールをあげ、当時単純に得点数だけで最多得点者が表彰されていたゴールデンブーツ賞を受賞した。

そして86-87シーズンには4年連続得点王、自ら決勝ゴールをあげて欧州カップ・ウィナーズ・カップ優勝(1-0ロコモティフ・ライプチヒ=東ドイツ)を決めた。これを置き土産に、翌シーズンにはオランダ代表の同僚ルート・フリットとともにACミランに移籍した。

87-88シーズンには負傷のためにほとんど棒に振るが、終盤に復帰し、88年に西ドイツで行われた欧州選手権で爆発。5得点あげて得点王となり、オランダ代表を初めての国際舞台での優勝に導いた。中でも決勝のソ連戦での2点目となったボレー・シュートは、後世に語り継がれる素晴らしいゴールだった。
その後もACミランで、リーグ優勝4回、チャンピオンズ・カップ優勝3回、トヨタカップ優勝2回などタイトル獲得に貢献。自身も88年、89年、92年と3回の欧州年間最優秀選手(バロンドール)に選ばれた。

しかし、足首の負傷に悩まされ、再三手術を繰り返したが回復せず、94年に30歳を前にして引退を決意した。
パオロ・マルディーニ
(Paolo Maldini 1968年-)

maldini.jpg



フルネームパオロ・マルディーニ
Paolo Maldini
ニックネームパオリーノ
国籍italy-fs.gif
生年月日1968年6月26日
出身地ミラノ
ポジションDF(LSB,CB)
身長186cm
体重85kg
代表デビュー1988年3月31日(通算126試合,7得点)
所属クラブ78-84年:ACミラン
84-85年:ACミラン
85-86年:ACミラン
86-87年:ACミラン
87-88年:ACミラン
88-89年:ACミラン
89-90年:ACミラン
90-91年:ACミラン
91-92年:ACミラン
92-93年:ACミラン
93-94年:ACミラン
94-95年:ACミラン
95-96年:ACミラン
96-97年:ACミラン
97-98年:ACミラン
98-99年:ACミラン
99-00年:ACミラン
00-01年:ACミラン
01-02年:ACミラン
02-03年:ACミラン
03-04年:ACミラン
04-05年:ACミラン
05-06年:ACミラン
06-07年:ACミラン
タイトル88-89:UEFAチャンピオズリーグ優勝
89年:インターコンチネンタルカップ優勝
89-90年:UEFAチャンピオンズリーグ優勝
90年:インターコンチネンタルカップ優勝
93-94年:UEFAチャンピオンズリーグ優勝
02-03年:UEFAチャンピオンズリーグ優勝
94年:世界年間最優秀選手



1968年6月26日生まれ。
名門ACミランとイタリア・サッカー界のサラブレット。
欧州チャンピオンズ・カップ優勝、イタリア代表の経験を持つチェザーレを父に持つが、その父を大きく上回る数々のタイトルと実績を残している。長身で身体能力に恵まれ、テクニックに優れ、攻守にダイナミックなプレーを見せる左サイドバックとして、ACミランでは17歳で、イタリア代表では、19歳でレギュラーの座をつかんだ。

さらに、経験を積んでプレーも成熟し、ファケッティ、カブリーニと常にワールドクラスの左サイドバックを擁してきたイタリア代表の系譜を受け継ぐ存在となり、さらにその中でも歴代ナンバーワンと呼ばれるにふさわしい活躍を見せている。
代表としては、88年3月のデビュー以来、同年西ドイツでの欧州選手権(3位)、90年地元開催のW杯(3位)、94年米国W杯(準優勝)、96年欧州選手権、98年W杯、2000年欧州選手権(準優勝)と常にレギュラーで、2000年末までに114試合に出場。
すでにゾフの持つ112試合を破り、イタリアの歴代最多記録を更新中だ。ACミランの一員としても、3度の欧州チャンピオンズ・カップ優勝(89 年、90年、94年)、2度のトヨタカップ優勝(89年、90年)など、華々しい経歴を持つ。
ヨハン・クライフ
(Hendrix Johannes Cruijff 1947-)

s7.jpg


フルネームヘンドリク・ヨハネス・クライフ
Hendrix Johannes Cruijff
ニックネーム空飛ぶオランダ人
国籍 
生年月日1947年4月25日
出身地ヘームステーデ(アムステルダム)
ポジションFW(CF),MF(OH)
身長176cm
体重67kg
代表デビュー1966月9月7日(通算48試合,33得点)
所属クラブ1966-67: アヤックス
1967-68: アヤックス
1968-69: アヤックス
1969-70: アヤックス
1970-71: アヤックス
1971-72: アヤックス
1972-73 アヤックス
1973-74: アヤックス、バルセロナ
1974-75: バルセロナ
1975-76: バルセロナ
1976-77: バルセロナ
1977-78: バルセロナ
1979: ロサンゼルス・アズテックス
1980: ワシントン・ディプロマッツ
1981: ワシントン・ディプロマッツ
1980-81: レバンテ
1981-82: アヤックス
1982-83: アヤックス
1983-84: フェイエノールト
主なタイトル1965-66: オランダリーグ優勝
1966-67: オランダリーグ優勝
1966-67: オランダリーグ得点王
1967-68: オランダリーグ優勝
1969-70: オランダリーグ優勝
1969-70: オランダカップ優勝
1970-71: UEFAチャンピオンズカップ優勝
1970-71: オランダカップ優勝
1971-72: UEFAチャンピオンズカップ優勝
1971-72:オランダリーグ優勝
1971-72: オランダカップ優勝
1971-72: オランダリーグ得点王
1972:UEFAスーパーカップ優勝
1972: インターコンチネンタルカップ優勝
1972-73: UEFAチャンピオンズカップ優勝
1972-73: オランダリーグ優勝
1973: UEFAスーパーカップ優勝
1981-82: オランダリーグ優勝
1982-83: オランダリーグ優勝
1982-83: オランダカップ優勝
1973-74: スペインリーグ優勝
1977-78: スペインカップ優勝
1983-84: オランダリーグ優勝
個人タイトル1971年: 欧州年間最優秀選手
1973年: 欧州年間最優秀選手
1974年: 欧州年間最優秀選手
1999年: 欧州20世紀最優秀選手


1947年4月25日生まれ。
オランダが生んだ最高の名手であり、ディステファノ、ペレ、ベッケンバウアーらと並び、サッカー史上に輝くスタープレーヤー。
また監督としても数々のタイトルを手にしている。
オランダの名門クラブ、アヤックスで育ち、17歳でトップチームにデビュー。

19歳でオランダ代表に選ばれた。
デビュー当時は、細身ながらスピードとテクニックを兼ね備えたストライカーとして活躍。

次第にアヤックスでも代表チームでも、『トータル・フットボール』の中心としてポジションにとらわれない奔放なプレーでチームをリードした。

軸足の後ろにボールを通して一瞬にして相手を置き去りにした『クライフ・ターン』と呼ばれたフェイントなど素晴らしいテクニックとスピードが一体になったプレー、戦術眼の確かさ、そして類まれなリーダーシップを発揮して、アヤックスの欧州チャンピオンズ・カップ3連覇、1974年ワールドカップ準優勝など、輝かしいキャリアを残した。

決勝で敗れたものの、74年ワールドカップで『トータル・フットボール』として世界中にセンセーションを巻き起こしたオランダ代表での活躍は、優勝した地元西ドイツよりも高い評価を受けた。

その証拠にクライフはベッケンバウアーを抑えて、この年3度目の欧州年間最優秀選手に選ばれている。
アヤックスからスペインのバルセロナに渡り5ジーズンを過ごした後、北米リーグ(NASL)でプレーし、さらにスペインのレバンテという小クラブで短期間プレーして、再びアヤックスへ戻った。

しかし、キャリアの最後となったシーズンは、アヤックスのライバルチーム、フェイエノールトで過ごした。
引退後アヤックスの監督となり、欧州カップ・ウィナーズ・カップに優勝、さらにバルセロナの監督となりリーグ4連覇、欧州チャンピオンズ・カップなど、現役時代に劣らぬ栄光を手にしている。
エミリオ・ブトラゲーニョ
(Emilio Butragueno Santos 1963-)

butragueno.jpg



フルネームエミリオ・ブトラゲーニョ・サントス
Emilio Butragueno Santos
ニックネームエル・ブイトレ(禿鷲)
国籍 
生年月日19年月日
出身地マドリード
ポジションFW(CF,ST)
身長170cm
体重68kg
代表デビュー1984年10月17日(通算69試合,26得点)
所属クラブ1975-82: レアル・マドリード
1982-84: CFカステーリャ
1984-95: レアル・マドリード
1995-98: セラヤ(メキシコ)
主なタイトル1984-85: UEFAカップ
1985-86: UEFAカップ
個人タイトル


1963年7月22日生まれ。
1980年代に、名門レアル・マドリードとスペイン代表を支えたストライカー。俊敏で抜け目がなく、ゴールを狙う鋭い視線と動きから『エル・ブイトレ(禿鷲)』の異名で知られた。

同年代のDFサンチース、MFミッチェル、マルティン・バスケスらとレアルの一時代を築き、85-86シーズンから89-90シーズンまでのスペイン・リーグ5連覇と、85年、86年のUEFAカップ連覇に大きな役割を果たした。
素早いドリブル、スペースへの動きでチャンスメークにも優れていた為、レアルでは2トップを組んだ」メキシコ人のウーゴ・サンチェスに得点王の座を譲ってきたが、サンチェスの力が衰えた90-91シーズンには、初めて得点王も獲得した。

84年からスペイン代表入りし、86年メキシコ・ワールドカップでは、決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦で、1人で4ゴールをあげるなど活躍。ベスト8進出の立役者となり、5得点で得点王争いも2位につけ。
また、この年の年末には、欧州年間最優秀選手の投票でもソ連のベラノフに次ぎ、2位の得票を集めた。90年イタリア大会にはキャプテンとして出場したが、今度はベスト16での敗退となった。代表では69試合に出場し、26ゴールの記録を残した。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMILEY CIRCLE  管理人のひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。